ピンボール 七つの大罪

中期経営計画

 

SCSKグループ中期経営計画(FY2023-FY2025)
~「2030年 共創ITカンパニー」実現に向け第二期始動 ~

当社は、2023年4月に、「SCSKグループ中期経営計画(FY2023-FY2025)」を策定しました。

経営計画全体像(本中期経営計画の位置付け)

SCSKグループは、経営理念に「夢ある未来を、共に創る」を掲げています。経営理念を実践するにあたり、社会が抱えるさまざまな課題を事業視点で評価し、社会と共に成長するために、特に重要ととらえ、優先的に取り組む課題を「マテリアリティ」として2020年に策定しました。併せて、経営理念とマテリアリティをSCSKグループの存在意義としたうえで、中長期の目指す姿として「グランドデザイン2030」を策定しました。お客様やパートナーと共に社会課題の解決に貢献するビジネスを創り出すことによって、「2030年 共創ITカンパニー」の実現を目指すというものです。「2030年 共創ITカンパニー」の実現に向けた実行計画が「中期経営計画」であり、本中期経営計画(FY2023-FY2025)は、「グランドデザイン2030」の第二期として位置付けております。

経営計画全体像

また、SCSKグループは従来から、社会課題の解決に貢献するビジネスを創出し、社会と共に持続的成長を果たすため、企業の社会的な影響力と責任を踏まえ、「サステナビリティ経営」に取り組んできました。脱炭素や循環型社会の実現に向けた事業環境の変化をチャンスと捉え、我々のコアコンピタンスを活用した新たな事業機会を獲得し、社会と共に持続的に成長することを目指す「成長戦略としてのサステナビリティ経営」を経営のスタンスとして、今後も強化していきます。